スマホが普及したことによっての影響

メールマーケティングは終わったのか?

近時では、スマホが普及したことによって、SNSが著しく突出してきており、ユーザーが獲得できる情報はその量や獲得のしやすさともに、増加の一途を辿っています。しかし、その一方で、メールが読まれなかったり、メールを利用しないという人も増加していることにより、メールとしての役割が終焉に向かいつつあるとも考えている人もいるようです。このような背景には、メールそのものが起因しているのでしょうか。
ただ、メールマーケティングで成果を発揮している企業も存在しています。メールが終焉に向かいつつある背景には、メールのコンテンツ自体が価値のないものであったり、コミュニケーションの仕方に何らかの瑕疵があるからとされています。メールが終焉に向かいつつある昨今といっても、実に多岐に渡る企業が毎日のようにメルマガを配信している状況です。
当然ながら、メールそのものでなく、販売する商品自体に魅力がない、また、当該会社の競争力不足が懸念されるほか、メールのコンテンツ自体がつまらないものであれば、膨大な他社の配信のなか、これが読まれる優先順位はとても低くなってしまうことは明らかです。これは当然ながら、メールのみならず、ほかのSNSであろうとも、ブログであろうとも変わりありません。

メールそのものがダメなのではない

メールマーケティングをするに差し当たって、検討するものとしては、メールコンテンツ自体のほかにはどのような事項が存在するのでしょうか。そのメールの配信方法にあるといえるでしょう。もし、頻繁にメールを配信してしまえば、メールを受信したユーザーからすれば、うっとうしいと感じてしまうでしょうね。そのために、いくらメールコンテンツが素晴らしいものであったとしても、その送信者に対して、否定的な感情を抱いてしまいがちです。
また、大量に送信していることが明らかであれば、そのメールに対しては、ユーザーは見くびってしまいがちです。メールとは、コミュニケーションのためのツールとしてはごく初歩的なものなのですが、メールのコンテンツの内容、それに、配信方法、それぞれに細心の注意を払っている企業は、メールを活用して、業績を伸ばしています。しかしながら、メールをおろそかにしている企業は、メールには効果がない、既にメールは終わった、などという所感を持つという次第なのです。
しかし、コンテンツと配信方法さえおろそかにしなければ、当然に成功するかというと、それはそれで論理的に飛躍があるといえるでしょうね。なかには、SNSといったマーケティングを実施していながら、メールにおいても業績を挙げている企業もあります。SNSとメール、それぞれの成功者での共通点は、やはり商品自体と、配信方法が巧みであるからにほかなりません。