メールマーケティングの様々な手法

メールマーケティングの有用性

マーケティングの方法には様々なものがあり、昔ながらのチラシやFAXを使った方法から、現代の主流でもあるSNSなどを使った方法もあります。その中でも、リアルタイムに反応を見られるSNSも魅力的ですが、すぐにログが埋もれてしまって集客効果が充分に得られない場合もあります。SNSよりも集客効果が高く、現代のインターネット事情にも即しているのがメールマーケティングです。
Eメールでのマーケティング手法で、SNSとは違ってメールというログが残ってくれます。メールマガジンとの大きな違いは、ターゲットを絞ってメールの内容にも違いがあるという点です。メールマガジンの場合には登録している不特定多数に向けて、同じ内容のメールを送信しています。
しかし、メールマーケティングでは顧客の性別や年齢、趣向などをしっかりと分析してターゲットを分類し、顧客のニーズにより合った内容のメールを送っています。そのため、メールから販売やサービス利用などにつながりやすく、企業の売り上げに大きく貢献してくれます。現代ではグラフィカルなHTML化されたメールや動画へと誘導するメールなど、メールマーケティングにも様々な手法があります。専門業者に任せれば集客効果も上がりますから、利用してみたい企業は相談してみると良いでしょう。

メールマーケティングの効果を上げるために

メールマーケティングをするにあたり、少しでも効果を上げるための方法があります。細かいことだし、それをやってどのくらいの効果があるのかと言われたらその程度かと思うくらいでしょう。しかしその程度を少しずつ重ねて結果的に大きくなっていく、それがメールマーケティングなのです。ではすこしでも効果を上げる方法とはどのようなことでしょうか。
まずはしっかり相手の名前を入れてメールを作ることです。本文は固定文だとしても、最初に相手の名前を入れて挨拶をすることはお客様としては自分だけのメールとして特別間を感じることでしょう。さらにそれをパワーアップさせることとして、お客様それぞれの趣味などを知っている上でのメール作成ができるとさらに効果が上がります。
例えば温泉にいくことが趣味という方であれば、「○○様こんにちは!最近は温泉には行っていますか?」という文章で始まれば、お客様も親近感を抱いてお見せに行きたくなることでしょう。商売だけど商売と思わせないことがひとつのコツです。
もうひとつはタイミングです。メールマーケティングの弱点は送ってから時間がたつと忘れてしまい効果がなくなります。ベストのタイミングで送ることが大切なことです。そのためにもセールをすることを教えるのであれば、その期間の直前が良いでしょう。早めにお知らせしても忘れられる可能性が高いのです。